埼玉県は歴史が古く、またさいたまを中心に平地が広がっているだけでなく、水資源が豊富なため、多くの人が昔から生活し易い場所として好んで住んでいま。また、歴史的に徳川幕府の御三家の1つとして栄えていたさいたま地域は、日本で3番目に大きな都市になります。このように、賑やかな埼玉県ですが、さいたま市周辺はとても人口が多い一方で、少し中心から外れると自然豊な場所が広がります。一戸建て住宅の中でも分譲住宅を選ぶ場合には、どこでもいいと言うわけではありません。ある程度住むべきところが定まっているとしても、どこの分譲住宅でも同じというわけではないのです。一般的に駅から近い所のほうが便利で人気がありますが、駅から近い所に住んでもあまり気に入らない人もいます。さいたまのどこに住むにしても、その家族がなにを求めているかによって感じる価値が異なるのです。これらはインターネットのサイトで探すことが可能です。

駅から近い分譲住宅でメリットを多く感じる家族とは

では、駅から近い分譲住宅、とりわけ徒歩10分以内にある分譲住宅に住むのはどのような人がより多くのメリットを感じることになるでしょう。まず、車を所有していない家族です。車を所有していない家族が郊外に住むと、何かと苦労します。郊外の場合には車がないと行動できないことが多いのです。ところが、駅近くであれば、駅に行く場合にも車がなくても徒歩で無理のない距離を歩くことが出来ます。また、買い物へ行く場合にも歩きや自転車で行くことが可能になります。次に、通勤や通学で駅を利用することが確実ならば、駅から近い分譲住宅を選ぶべきです。朝の貴重な時間を無駄にせずに済むからです。これらの情報は、インターネットの不動産会社のサイトに載っています。複数の分譲住宅が載っていますので、比較をしてよりよい物件を選ぶことが可能になります。

郊外の分譲住宅でメリットを多く感じる家族とは

では、駅から徒歩20分以上かかる郊外で分譲住宅を構えることにメリットを感じる家族とはどのような家族でしょうか。まず、電車で通勤や通学をする予定がない家族です。勤務先が徒歩5分の所であったり、通学するのに自転車通学であれば郊外でも十分でしょう。また、車を2台所有しているならば郊外を選ぶ方がいいでしょう。駅から近い物件の多くは車庫が1台しかないですので、選択肢がほぼ郊外しかなくなるのです。もし、車が2台あれば、旦那が通勤で車を使った場合でも、その間妻が駅前の方に車で買い物をすることが出来るため、とても便利になります。最後に、賑やかなところには住みたくなくて、逆に自然が多い所がいいという場合も郊外がいいでしょう。埼玉県の郊外にはまだまだ多くの自然が残されているのです。