愛知県で分譲住宅を購入する場合、交通の便が良いところに人気が集中しています。その結果、交通の便のよいところは価格が高くなってるのが特徴です。では、愛知県内で交通の便が良い所はどの当たりでしょうか。まず、名古屋市は交通の便が良い所になります。名古屋駅を中心として地下鉄が走っていますが、地下鉄の駅前や名鉄、JRの駅周辺は大変高い人気となっています。愛知県の名古屋市以外では、豊田市や豊橋市、岡崎市なども人気が高い地域と言えます。豊田市は企業町として知られていますが、そこで働く人がとても多いのが特徴です。職場から近い所で分譲住宅を購入することで、通勤が楽になります。豊橋市は新幹線の駅があります。また岡崎市は歴史もあり、名鉄が通っており沿線は人気があります。

交通の便が良いところのメリットとは

交通の便が良いところで分譲住宅を購入する場合には、いったいどのようなメリットがあるでしょうか。まず、当然駅から近いところが多いですので、自宅から駅までは短時間で行くことが出来ます。例えば、駅から徒歩5分の所にある分譲住宅と徒歩25分の所にある分譲住宅では、駅を利用して電車通勤する場合には、どちらも徒歩だと考えた場合、20分の違いがあります。往復で40分駅から近い方が毎日有効に時間を使えると言うことです。朝であれば20分遅くまで寝ていられるか、家でゆっくりすることができるか、20分早い電車に乗ることが出来ると言うわけです。次に、買い物する時に便利というメリットがあります。買い物をするときには駅のそばに多くの店が集中するために、やはり短時間で買い物を終えることが出来ます。

交通の便がいい場所の問題点とは

交通の便がいい場所の問題点とはどのような点でしょうか。愛知県の分譲住宅でも、交通の便が良く人気があるところが必ずしもメリットばかりではありません。問題点の1つは、価格です。例えば、駅から徒歩5分の所にある分譲住宅地と駅から徒歩20分の所にある分譲住宅地では価格が500万円ぐらいは異なるのが普通になります。500万円の違いはかなり大きいのではないでしょうか。もし、金銭的に厳しいのであれば、無理して駅の近くに住宅を買わなくても、500万円安い駅から徒歩20分の住宅を購入した方が長期的に見て金銭的な負担が少なくて済みます。また、交通の便がいいところは、人や車が多いため、外がうるさいと言うことがよくあります。静かな環境を求めている人にとってはあまり向かないでしょう。