愛知の分譲住宅は駅の近くが通勤にも便利です

愛知県では、駅から近い所に広い土地があるならば、分譲住宅を建てることがあります。分譲住宅を建てる場合には、ある程度広い土地が必要ですので、名古屋駅などの日本の中でもかなり大きな駅であればまず、分譲住宅が建つことはありません。土地が余っていたとしてもビルが建ったり、マンションが建ったりするでしょう。大きな駅のそばで分譲住宅が建築されると言っても徒歩20分以上の所ばかりになります。それでも大きな駅の場合には人気があるためなかなか地価が高いです。一方で、愛知県の中規模から小規模の駅前であれば、まだ土地が余っているところが多いです。そのため、駅から徒歩5分以内の所に分譲住宅を建築することがあります。決まってそういう所の住宅は100平米ぐらいの庭で4500万円ぐらいの価格になります。

駅から近くの分譲住宅の良いところは

愛知県の駅から近くの分譲住宅の良いところは、やはり通勤する人にとっては駅から近いことです。徒歩5分で自宅まで帰ることが出来るとすれば、かなり通勤がラクです。平均的に駅までの所要時間は15分から20分ぐらいですので、平均的な人寄りも15分ぐらいは時間が有意義に過ごすことが出来ると言うことになります。この時間のありがたみは、帰宅するときよりも朝出社する時の方が大きいでしょう。多くの人にとって朝の時間帯はとても貴重です。その時間帯を有効に使えるかどうかというのはかなり大きいです。15分あれば家でのんびり出来ますし、15分他の人よりも睡眠時間を確保することが出来ます。また、15分間早めに出て、満員電車を避けることが出来ます。時間を作り出すことが大きなメリットと言えます。

売却をする時を考えると駅から近い方がいい

分譲住宅を購入する時には売却することを考える人は少ないでしょう。もし、投資家であればそこまで真剣に予想しながら購入をしますが、そこの家に住むために購入した人は3年や5年で売却をしようと考えている人は少なく、ほとんどの人は一生住もうと思っているか、少なくとも定年までは住もうと考えているはずです。ですが、もし、何らかの理由で売却をしなければならなくなった場合は、高く売ることができます。基本的に20年以上経過した住宅の多くは、上物の価値は0に近いか、ほぼ0円です。ですので、売却するとすれば土地の価格でその売却値が決まります。駅から近い場所は購入する時にも高かったはずですが、売却をするときにもそれなりの金額で売ることが出来ると言うメリットがあるのです。